札幌市の中心駅

札幌市の中心駅。北海道内各地への特急列車が発着する列車運行系統の主軸である。近年はJRタワーのオープンや周辺地域の再開発に伴い近郊都市からの利用客が増加し、大通地区やすすきの地区を凌ぐ市の中心街へと発展を遂げつつある。

南口広場を挟んで札幌市営地下鉄のさっぽろ駅と隣接している。JR駅は漢字、地下鉄駅はひらがなが正式名称である。


「赤れんが」の愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎は、1888(明治21)年にアメリカ風のネオ・バロック様式で建てられました。

【時計台】【テレビ塔】【大通り】

 日本の明治期を代表する建物とともに、緑豊かな前庭は札幌市のオアシスとなっています。

庁舎の北側には「開拓使本庁舎跡」を示す石碑が立っています。また、内部は北海道の古文書などが収蔵された北海道立文書館として一般開放されています。札幌駅周辺 さっぽろえきしゅうへん. JR札幌駅周辺にはカジュアルなものから高級ブランドまで揃うデパートをはじめ様々なテナントが入っているビルや、 札幌駅と地下鉄さっぽろ駅のアピアやパセオの地下街などが周辺にあります。