トピックス・ニュース

札幌市の中心駅

札幌市の中心駅

(公開: 2014年12月22日 (月)

札幌市の中心駅。北海道内各地への特急列車が発着する列車運行系統の主軸である。近年はJRタワーのオープンや周辺地域の再開発に伴い近郊都市からの利用客が増加し、大通地区やすすきの地区を凌ぐ市の中心街へと発展を遂げつつある。

南口広場を挟んで札幌市営地下鉄のさっぽろ駅と隣接している。JR駅は漢字、地下鉄駅はひらがなが正式名称である。


「赤れんが」の愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎は、1888(明治21)年にアメリカ風のネオ・バロック様式で建てられました。

【時計台】【テレビ塔】【大通り】

 日本の明治期を代表する建物とともに、緑豊かな前庭は札幌市のオアシスとなっています。

庁舎の北側には「開拓使本庁舎跡」を示す石碑が立っています。また、内部は北海道の古文書などが収蔵された北海道立文書館として一般開放されています。札幌駅周辺 さっぽろえきしゅうへん. JR札幌駅周辺にはカジュアルなものから高級ブランドまで揃うデパートをはじめ様々なテナントが入っているビルや、 札幌駅と地下鉄さっぽろ駅のアピアやパセオの地下街などが周辺にあります。


北海道を走る急行「はまなす」存続へ

北海道を走る急行「はまなす」存続へ

(公開: 2014年12月22日 (月)

JR北海道は2015年3月のダイヤ改正において寝台特急「北斗星」の廃止(臨時化)を正式に発表したものの、急行「はまなす」については、先述の青函トンネルにおける北海道新幹線対応で運休や時刻変更を実施することがあっても、運行は引き続き行う方針を示しました。「JR最後の急行」が生き残りました。乗りものニュース 12月20日(土)


JRブルートレイン北斗星の廃止を発表

JRブルートレイン北斗星の廃止を発表

(公開: 2014年12月22日 (月)

JRブルートレイン北斗星廃止を発表

TBS系(JNN) 12月19日(金)

JRは来年春のダイヤ改正を発表してブルートレイン北斗星の廃止を発表しました。

寝台特急北斗星は北海道新幹線の開業に向けた青函トンネルの夜間作業拡大のため、来年3月13日、上野、札幌をそれぞれ出発する便を最後に廃止されます。これで、およそ50年間親しまれてきた青い客車の寝台特急ブルートレインはすべて姿を消すことになります。

 一方、JR東海は、来年3月14日から東海道新幹線「のぞみ」の一部の便で、最高速度を時速270キロから285キロへ引き上げると発表しました。これにより東京~新大阪間が現行の2時間25分から3分短縮され、最速で2時間22分となります。